お金を借りる時に注意したいこと

他人の名前を使ってお金を借りられるでしょうか
お金を借りる時には、まず申込用紙に個人情報を記入しますが、この時、たとえばローンの返済が遅れているなどで、審査に通るかどうか不安な時は、名前を変えて申し込むことはできるのでしょうか。
結論から言えば、名前を変えて申し込んでも、住所や誕生日などが合致すれば、その人であると特定され、現在の取引履歴はわかってしまいます。ですから特にメリットはありません。もし他人になりすまして借りようとするのであれば、他の個人情報も変えておく必要があります。ただし、借入の時には当然本人確認の書類が必要になるわけですから、まず他人のふりをして借りるのは不可能といっていいでしょう。

計画的に利用することが大切です

消費者金融業者・銀行、いずれのカードローンも保証人不要で利用することが出来ます。どのようなところを利用するのかは、自身の希望に合わせて選ぶということが重要になります。消費者金融業者の中には、一定の条件を満たすことが出来れば一定期間無金利で利用することが出来る場合があります。短期間で返済することが出来る見込があるという場合には、このようなタイプを利用しても良いでしょう。申し込んだその日の内に融資を受けることが出来る即日融資に対応しているのは、消費者金融業者が多かったのですが、最近では銀行でも即日融資に対応しているところも増えてきていますので、利便性という点ではほとんど差は無くなってきています。
注意が必要なのは、収入のない専業主婦が融資を望む場合です。申込そのものをすることが出来ない場合も多くありますし、仮に申し込みをすることが出来た場合でも保証人が必要となることもあります。お金を借りるという際には、必ず返済する必要があります。返済のことを考え、計画的に利用するということが重要になります。何らかの事情で返済が難しくなったという場合には、利用している業者などに相談するようにしましょう。

主婦や学生におすすめのカードローン

カードローンを利用する際には、年齢はもちろんのこと、職業や収入などに条件があるのです。例えば、働いてていない主婦の場合では、申し込みの際の審査基準は配偶者の収入になってしまいます。パートなどに出ている場合では自分の収入で審査をすることになるので、ある程度の収入が毎月あれば、利用できるようになります。また主婦の人の中には、家族に知られたくないという場合があるのですが、そういった場合には書類の郵送などをしないで、インターネットや店頭にある無人契約機などで、消費者金融からお金の借り入れができるようになっているので安心なのです。
学生の場合ではどうでしょうか。未成年の場合は、法律上でもお金の借り入れができないことになっています。しかしながら、20歳を過ぎて金融機関の条件に合えば、借り入れができることがあります。
銀行系や消費者金融など、いろいろなところで借り入れができるのですが、安心で安全なイメージのあるのが銀行系です。中でもおすすめのところを紹介しましょう。
みずほ銀行カードローンは、金利が低めであるというメリットがあるのですが、専業主婦でも配偶者の収入によって、30万円程度まで融資が可能になったり、学生でも場合によっては融資してもらえることもあるので、おすすめです。